せどり仕入れ、どすこい7方法


お疲れ様です。

 

笑点好きの

 

どすこい7です。

 

 

前回の記事で、いくつかレポートをババッと

紹介したんですが、どうでしたか?

 

⇒ http://dosukoi7.com/cs2/cs2/255/

 

 

自分もかなり読んでいますが

特に好きなレポートをご紹介しました^^

 

 

*********

 

 

仕入れが楽になったら良いですよね?(・ω・)

 

 

「仕入れがうまくできない」

 

 

この質問が非常に多かったので

今日は仕入れについてです。

 

 

そうは言っても、仕入れなんて、

 

興味のあるジャンルも、当然やり方も

 

【人それぞれやり方が違うので】

 

正しい仕入れなんて無いんですが^^;

 

 

今回は一つの例として

どすこい7の仕入れ内容を公開してみようと思います。

 

 

参考になれば幸いですm( )m

 

 

~ どすこい7の2/7の仕入れ ~

 

 

【GAME】ルーンファクトリー オーシャンズ          -980 + 4042 ⇒ 3062

 

【GAME】ポケモン不思議のダンジョン 時の探検隊        -980 + 1928 ⇒ 948

 

【DVD】ピンク・パンサー フィルム・コレクション       -1980 + 4385 ⇒ 2405

 

【CD】PLAYZONE2009 太陽からの手紙            -300 + 1203 ⇒ 903

 

【DVD】富士300km/h スリップストリームBATTLE     -300 + 1362 ⇒ 1062

 

左:仕入れ金額

 

中:手数料を引いて振り込まれた金額

 

右:利益

 

【利益¥8380】

 

 

~ ここまで ~

 

 

内容はこんな感じです。

仕入れ時間は30分も掛からなかったと思います。

 

 

内訳は

 

GAME2個(新品)

 

DVD2枚(中古)

 

CD1枚(中古)

 

コレをみて頂ければわかると思いますが

自分の場合の仕入れは、GAMEだけじゃないんです。

 

 

仕入れ基準さえ満たせば

大きい物や重い物以外は仕入れます。

 

 

たまに

「GAMEが好きだからGAMEせどりだけをやりたい!」

そんな一途な質問を受けたりもします。

 

 

しかし!!!

 

 

過去の自分がそうだったので、

気持ちは痛いほどわかりますが、止めております!

 

だってそれ、物凄く大変ですよ^^;

 

 

最初はそれも良いんです。

 

 

1万とか3万までは…

 

 

 

問題はその後!!

 

コンスタントに大きく稼ごうと思った場合ですね。

 

 

お店の商品の回転速度よりも

仕入れ速度が上回ってしまった場合です。

 

 

 

どうなると思います?

 

 

そうです。

 

 

 

新たな商品を仕入れる為に

自分が遠方まで出向く羽目になるんですね。

 

 

自分も去年。

片道90分の所まで仕入れに行ってきました^^;

 

 

 

 

大変でしたよー(・ω・)

 

 

 

 

地獄でしたよー(・ω・)

 

 

 

 

とまぁ、自分がステイブルせどりを

薦めている1番の理由ってのは、この部分です。

 

 

 

具体的には

 

・ 1店舗辺りで仕入れられる品数が増える

 

・ 店舗間の移動時間もカットできる

 

・ 扱うジャンルが増えて、ライバルが激減した

 

 

せどり収入が初月から10万以上増えたのは

この点が大きかったかなと。

 

 

覚えの良い人なら『仕入れ編』だけサクッと読んで

【真似】すれば簡単に稼げます。

 

 

↓ 覚える内容 ↓

 

●○というジャンルは売れる

▲△というジャンルは売れない

 

 

仕入れのコツは

どれだけ知っているかです。

 

 

【読んで】【行動】をすれば

10万程度簡単にいけると思います。

 

 

仕入れに苦しんでいるのであれば

ぜひ参考にされて下さい(・ω・)

 

 

 

↓↓↓
http://dosukoi7.com/cs2/cs2/255/

(初心者さんにも安心のどすこい7のサポート付き)

 

 

PS

 

ご質問等あれば

こちらにメール下さい(・ω・)

どすこい7にメール

※原則24時間以内にご返信します

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ