ステイブルせどり期間限定特典追加 お茶漬け と 過去の高額CDリスト


 

お疲れさまです。

 

今週お茶漬けを6回食べた。

農民丸出しのどすこい7です。

 

 

おいしいですよね? お茶漬け(・p・)

 

 

もちろん、毎日お茶漬け地獄とは言え

グルメなので、全く同じ様に食べる訳ではなく

 

1日目 鮭茶漬け

2日目 わさび茶漬け

3日目 鮭茶漬け + 梅干

4日目 わさび茶漬け + 梅干(2個)

5日目 鮭茶漬け×梅干×練りワサビ

6日目 お茶×梅干(2個)×焼き鮭投下

 

と、雑なりに工夫(足掻き?)をしています(笑)

(後1日続いたら、七味マヨネーズをいれてました^^;)

 

 

 

で、先日ご紹介した

このレポートはご覧いただけましたか?

 

↓↓↓

http://dosukoi7.com/cs2/cs2/1710/

 

 

 

今日はこのレポートとお茶漬け

それから、せどりの話です(・ω・)

 

 

まずですね。

どすこい7のブログは「どんな検索ワードで訪問されたか?」

というのがわかるようになっていてですね。

 

 

で、その解析結果を見ると

高額 CD リスト」 とか 「GAME プレミアソフト」 とか

こんなキーワードで、アクセスされる方が多いんですね。

 

 

 

自分も昔はそうだったのでわかるんですが

こういった人というのは、【稼げる商品そのもの】を探していますよね?

 

 

 

でも、それだけじゃ稼げないんです^^;

視野を広げないと遠回りになります。

 

 

 

 

だってそうですよね?

高額商品なんて見つからないから高額商品なわけですし

誰もが見える所にのせたら競合が増えて、すぐに飽和します。

 

 

それに、モノの相場なんて

流行と共に変動して当たり前ですしね(・ω・)

リストは【参考にする】程度でちょうど良いです。

 

 

例えばコレなんかも

 

【BossaNova DE GHIBLI】

 

今ではそれなりの相場に落ち着いていますが

自分が販売した時は他の出品者がいなかったので

300円で仕入れて、4980円で売れました。

 

 

 

ジブリ映画って毎年

夏休みを狙って公開していますよね?

 

その時期に向けて秋や冬に仕込むのも一つです。

 

 

本当に大事なのは

「小手先」ではなく【売れた理由】の部分です。

 

 

自分が売った商品の理由を自分で仮説する。

その考えを元に検証するだけで変わります。

 

 

先日ご紹介したレポートも「商品」ではなく

【本質的な部分】を大事に仕入れをされていましたよね?

 

 

 

【何を探すか】ではなく

【どうやって安く探すか】の部分です。

 

 

お茶漬けもそうですが、

乗せる材料を変えればごまかしはききます。

 

しかし、小手先です。

 

 

結局は、お米とお茶の力だと思います。

 

 

 

(# ゚Д゚)< 高い商品を見つけて一攫千金だぜ!!

 

↑↑↑

この考え方の人。

個人的には大好きですし、友達になりたいのはこのタイプですが(笑)

稼ぐ事を中心に考えるなら】これだと危険です。

 

 

「商品」よりも【売れた理由】

これを意識してみて下さい。

 

 

その辺りがわからない方は、

ステイブルせどりに詳しく記載されていますので

稼げないせどりに飽きた方だけ参考にされて下さい(・ω・)

 

 

 

 

ステイブルせどり

 

⇒ http://dosukoi7.com/cs2/cs2/771/

 

 

 

 

 

ステイブルせどり実践者さまの声

 

⇒ http://dosukoi7.com/cs2/cs2/1409/

 

 

 

 

 

 

PS

ステイブルせどり9月の期間限定特典

 

せどり音声コンテンツセット

1,FBAの剥がせないタイプのシールを使いたいのですが…

2,利益率と利益額について

3,人気が出てきたグループの値付けについて

4,ブックオフの値付けがアマゾンと同じになってきてる?

5,カテゴリランクと総合ランキングの違い

6,高額相場の出品者数について

7,新品CDのランク基準は?

 

せどり動画コンテンツセット

1,●のCD、▲売りの検証前について

2,レアな商品がレアな理由

3,ヤフオクで手堅く売る

4,●の、▲売りについて

 

http://dosukoi7.com/cs2/cs2/771/

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ